会社案内

著書・解説

深澤亮一著書「分析・センシングのためのテラヘルツ波技術」

世界に先駆けてテラヘルツ分光・イメージング装置を製品化した、弊社社長 深澤亮一の集大成「分析・センシングのためのテラヘルツ波技術」が日刊工業新聞より出版されました。

産業界での幅広い応用が期待されるテラヘルツ波、具体的にどのような分野で、どのように利用されているのか ?

テラヘルツ波の基礎から応用までを、著者の経験と最先端の研究をもとに、一般読者向けに分かりやすく説明してあります。

テラヘルツ波関連の入門書として、是非ご一読下さい !

【著者紹介】

深澤 亮一 (ふかさわ りょういち)
有限会社スペクトルデザイン 代表取締役
1961年栃木県生まれ。1989年新潟大学大学院博士課程修了。その後、日本分光(株)、エモリー大学(米国)客員研究員、郵政省通信総合研究所COE研究員。 (株)栃木ニコンを経て2004年(有)スペクトルデザインを設立。
紫外線からテラヘルツ波を利用した光センサー開発および産業用検査装置の開発に従事。(株)栃木ニコンでは世界に先駆けてテラヘルツ分光・イメージング装置を製品化。
2008~2010年大阪大学大学院招聘教授。2004年、2009年テラヘルツ技術動向調査委員会に参加。
現在、(独)科学技術振興機構(JST)産学協創基礎基盤研究「テラヘルツ波新時代を切り拓く革新的基盤技術の創出」アドバイザー、千葉大学大学院客員教授、筑波大学産学リエゾン共同研究センター客員研究員、日本赤外線学会評議員。

【目次】

第1章  テラヘルツ波で見えるもの
第2章  テラヘルツ波をどのように発生させるか
第3章  テラヘルツ波をどのように検出するか
第4章  テラヘルツパルス波の計測技術
第5章  テラヘルツ波イメージング
第6章  産業応用への期待
第7章  半導体を非接触で評価
第8章  ポリマー材料特性を非接触で評価
第9章  医薬品の評価
第10章  美術品・文化財の調査
第11章  製造ラインにおける品質管理
第12章  建築物の診断
第13章  安全・安心を守る検出への応用
第14章  バイオメディカルへの応用
第15章  非破壊検査への応用
第16章  テラヘルツ波センシングの将来

社長著書「分析・センシングのためのテラヘルツ波技術」

著書名  「分析・センシングのためのテラヘルツ波技術」
著者   深澤 亮一
出版社  日刊工業新聞社
ページ数 208ページ
価格    2,376円(本体価格2,200+税)
 

ご購入ご希望の方は下の申込みフォームよりお申込み下さい。

申込みフォーム

お名前
お電話番号
ご住所
Eメールアドレス
数量
その他
 

 


解説等紹介

解説

・深澤亮一:テラヘルツ波による材料分析、応用物理、第79巻 第4号、 pp.312-316、(2010)

・深澤亮一:“テラヘルツ時間領域分光法と分析化学”
ぶんせき 2005年6月号 290-296. 日本分析化学会 

・深澤亮一:“テラヘルツパルス波の発生と検出”
電子情報通信学会誌 2006年6月号 467-473. 電子情報通信学会

著書 (分担執筆

・「テラヘルツ技術総覧」 テラヘルツテクノロジーフォーラム編 (エヌジーティ,2007)

・斗内政吉 監修 「テラヘルツ技術」 テラヘルツテクノロジー 動向調査委員会編 (オーム社, 2006)

・大森豊明 監修 「テラヘルツテクノロジー」(エヌ・ティー・エス, 2005)
深澤亮一:“テラヘルツパルス波イメージング技術” 230-243.

・M. Herrmann, R. Fukasawa, and O. Morikawa: “Terahertz imaging”,
in Terahertz Optoelectronics, ed. By K. Sakai,
Topics in Applied Physics, Vol.97 (Springer, 2005) 331-381.

・西澤潤一 編著 「テラヘルツ波の基礎と応用」(工業調査会, 2005)
  深澤亮一、阪井清美:“4.4テラヘルツパルス波の発生と検出”

・(社)レーザー学会編 「レーザーハンドブック(第2版)」(オーム社, 2005)
深澤亮一、阪井清美:“第26章、26・3テラヘルツ計測”,

報告書

・深澤亮一:1.2.2 テラヘルツ時間領域分光装置(THz-TDS)、
光技術動向調査報告書、pp.6-11、(財)光産業技術振興協会(2009)

その他の出版物

・深澤亮一:テラヘルツ波技術と食品検査への可能性、光アライアンス、第21巻 第2号、pp.26-32、日本工業出版(2010)

・深澤亮一:建築材料のテラヘルツ帯における光学特性、検査技術、日本工業出版(印刷中)

・深澤亮一:“テラヘルツ電磁波技術と食品検査への応用”,
「検査技術」 2005年11月号 Vol.10 No.11, 56-65.

・深澤亮一、福島一城:“テラヘルツパルス波を用いた新しいイメージング”,
「光技術コンタクト」 2005年4月号Vol.43 No.4, 43-49.

・深澤亮一:“テラヘルツ電磁波技術と食品分析への応用Ⅲ,
-テラヘルツ電磁波分光の食品分野における応用の可能性-”,
「食品工業」2004年9月30日号Vol.47 No.18, 80-87.

・深澤亮一:“テラヘルツ電磁波技術と食品分析への応用(特集),
テラヘルツ電磁波を用いた新しい分光技術と画像化技術”,
「食品工業」2004年7月30日号Vol.47 No.14, 55-70.

・深澤亮一:“テラヘルツイメージングシステムの開発(解説)
=遠赤外パルス光を用いた新しいイメージング技術=”,
「光アライアンス」2003年11月号Vol.14 No.11, 30-34.

トップ  研究開発計測受託  取り扱い製品   光センシング技術  会社案内  お問い合わせ  スタッフ募集
アクセスマップ  通信販売法表示